創業サポートの内容

公認会計士・税理士として

創業にあたりお金の面で不安なことは数多くあると思います。その不安を設立に特化したカタチでサポートします。会社創業の資金計画の相談や、事業計画書の作成など足元からしっかり固めていきましょう

1,事業計画書の作成サポート

創業にあたり、大事なのが事業のコンセプトです。誰に、何を、どうやって売っていくのか絞り込みが必要です。

現実に実行可能なのか、法的契約上の問題はないか、競合商品の影響は、立地はどうか、資金繰りは、大丈夫か、などを検討していきます。

長年に渡る会計士・税理士として経験を生かしながら、事業コンセプトを絞り込むアドバイスをいたします

2,資金収支計画

コンセプトを固めたら創業後の1年間の資金計画を作成します。創業資金・運転資金を試算します。

3,資金調達

必要な資金を試算したら、その資金が自己資金で補えるのか検討し、必要であれば政府系金融機関や銀行から借り入れの検討をします。

借り入れには事業計画書や書類の作成が必要になります。創業補助金などの助成金も検討します。

社会保険労務士として

社会保険労務士としては、従業員を雇用する際にサポートをさせて頂きます。

各種保険に関する手続きや届け出、就業規則等の作成、雇用関係助成金の申請等、これまでに見たことのない様な書類作成等が必要です。これらをトータルでサポートさせて頂きます

1,助成金申請サポート

助成金とは、主に雇用の創出や労働条件の改善等に対して、国から支出される返済不要で、資金使途不問のお金です。

助成金はとてもいい制度ですが、あまり利用されていません。認知度不足と、手続きの煩雑さが原因と言われています。それを専門家である社会保険労務士がお客様毎に診断し、受給可能な助成金をご提案、申請代行をいたします。

創業時の資金調達の一助にもなりますので、ぜひ積極的にご活用ください

2,就業規則等作成サポート

人を雇う場合には、トラブルを未然に防ぐために様々な規則を作成することが必要となります。昨今の労働トラブル(解雇・未払い賃金・残業代等の問題)の多くは、就業規則等の不備や未整備が原因となっています

こういったトラブルを未然に防ぐためにも、創業時にしっかりとした就業規則等の諸規程を整備しておくことがとてもに大切です。これらも専門家である社会保険労務士が作成サポートいたします

3,各種保険関係手続きサポート

コンセプトを固めたら創業後の1年間の資金計画を作成します。創業資金・運転資金を試算します。

会社創業時には、たくさんの手続きや届け出が必要となります。しかも、提出する役所もそれぞれ異なり、時間と手間が非常にかかる作業です。

労災保険⇒労働基準監督署
雇用保険⇒ハローワーク
健康保険・厚生年金⇒年金事務所
こうした煩雑な手続きや届け出も、専門家である社会保険労務士が一括でサポートいたします。

煩雑な申請や手続きは、われわれ専門家に任せて、社長ご自身は本業に力を注がれることが創業の成功、会社発展の近道につながると思います

すべての手続きが完了し、事業開始ですが、これからが本当の事業活動になります。創業後も、労務面での支援は引き続きさせて頂きます

司法書士として

創業に必要な書類の作成・定款作成、登記手続などを順次並行して進めていきます。

弁護士として

各種契約書の作成、リーガルチェック、法的相談などをサポート致します。

Top